ネイチャーキッズスクール

New
 第10回キッズコース「ファイナルチャレンジ」 3月11日(日)

キッズコースの一年間の活動も、とうとう最後になりました。

第10回は、海の中道海浜公園を会場に、班ごとに計画を立てて、探検にでかけました。

  

そして、20日の修了式で発表する歌の練習も…!



一年間の活動の思い出を、それぞれの班が歌います。

この一年間で、たくさんの友だちと出会い、たくさんの経験をしてきたキッズのみんな、
それぞれに大きく飛躍できた一年になったと思います。

この一年で出会ったことをいつまでも忘れないでいてくださいね!



一年間、たくさんの思い出をありがとう。

| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第9回キッズコース「ふくおか探検隊」 2月12日(日)
今回は、福岡市内で「ふくおか探検隊」をテーマに活動を行いました。
広い福岡市内、あまり知られていないような、たくさんの面白いポイントがあります。

今回の活動では、コマ図と言われるコース図を持って、わずかな手がかりを頼りに、コースに隠されたチェックポイントを回りました。
福岡市内に住んでいても、なかなか訪れることもない場所もたくさんありました。



約5kmの道のり、班のみんなで協力をしながら、チェックポイントを探し出し、課題を解いてゴールを目指しました。
途中、通りがかりの人に尋ねたり、自分たちで調べたり…!

  

到着予定時間を1時間近くもオーバーしましたが、班のみんなで協力をしながら、大きなコミュニケーションがうまれたようです。
今回の活動を通して、活動をこなす毎に、大きく成長していった子どもたちの姿をあらためて実感することができました。




さて、次回はいよいよ最終回!
これまでの活動の成果を出して、元気いっぱいがんばりましょう!
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第8回キッズコース「今日のみんなはカメラマン」 1月22日(日)
キッズコース第8回目の活動は、「今日のみんなはカメラマン」をテーマに、カメラを持ってカメラマンに挑戦しました。

当日は、あいにくの雨。
それでも、雨にしかとれない風景をテーマにシャッターを押しました。

デジタルカメラなので、何回もシャッターを押しては確認。
納得のいく写真が撮れるまで、子どもたちは雨の中歩き回りました。



靴は雨がしみてびしょびしょ。
それでも子どもたちは夢中です。
自分のベストショット写真を選んで、その場でプリントアウトしました。
なかなかのできばえでした。

午後は、その写真を飾るオリジナルの写真立て作りをしました。
木の輪切りの台に、ホットボンドを使って、自然の素材(どんぐりや木の枝など)を飾っていきました。
中には、葉っぱや花を飾っていたお友だちもいました。



できあがった写真立ては、ひとつひとつアイデアに満ちた作品で、子どもたちの感性を感じられるものでした。



その写真立てに、午前中に撮ったベストショット写真を飾りました。
とても雰囲気のあるものが仕上がりました。
きっと今ごろは、お家のどこかに飾ってくれているものと、思っています。

 
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第7回キッズコース「キッズ流、森の生活」 12月17日(土)〜18日(日)
キッズコース7回目の活動は、「キッズ流、森の生活」をテーマに、1泊2日の宿泊体験を行いました。
キッズコースの宿泊体験は、2回目。
子どもたちは、班のみんなで協力し合いながら生活をしていました。

プログラムでは、初日の夕食に「手打ちうどん」を作りました。
粉をこねて、寝かして、踏んで、延ばして。



全ての行程を子どもたちだけで行いました。
太さがまちまちで茹でるのに時間が掛かりましたが、自分たちで作ったうどん。
全て平らげていました。 

感想は?と聞いたら「堅かった」という感想でした。
太さがまちまちだったぶん、茹でるのは難しかったようです。

 

2日目には、お正月飾りの「門松作り」をしました。
じゃがいも村の仲野村長さんが、子どもたちでも簡単に作れる門松作りを考えてくれました。

 

「門松に使う竹は、切り口が笑っているように切りましょう!」
村長の言葉に、子どもたちは一生懸命、ノコギリを持って竹を切っていました。

笑顔が足らない切り口の顔もありましたが、3本の竹を紐でくくって、砂の土台に立てます。
松などの飾り物を飾って門松は完成です。
自分たちで作った門松を飾ってのお正月はいかがでしたでしょうか?



1泊2日の生活、自由時間には裏山で思いっきり遊んだりして過ごした森の生活。
仲間との宿泊体験を楽しんでいたようです。
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第6回キッズコース「キッズ隊、頂上を目指せ!」 11月20日(日)
キッズ隊の6回目の活動は、「キッズ隊・頂上を目指せ!」と題して、飯塚市八木山地区にある「龍王山」(615.6m)に登ってきました。

前日まで雨だったせいもあり、登山道には水が流れているところもありました。
龍王山は、小学校の遠足などでもよく登られる山です。
山頂からの眺めは最高で、飯塚市内はもちろんのこと、遠く福岡市内も見渡すことができる山です。

プログラムでは、青年の家ルートから登り、ユースホステルルートに戻ってくるルートを登りました。
登る前のオリエンテーションで、登山について聞いてみたり、初めて登山する子どもたちも多く、子どもたちの顔には不安そうな子どもたちも少なくありませんでした。

準備体操をして、いよいよ登山開始です。
植林された杉林の中を登りました。



今回の目標は、キッズコース全員で登って、全員でおりてくること。
班のみんなで協力して、大変そうなお友だちを助け合いながら登りました。



約1時間、615.6mの龍王山頂上に全員登ることができました。
風が冷たく寒かったですが、ときおり顔をだす太陽は、とても気持ちが良いものでした。



頂上では、お弁当を食べて、少しばかりの時間でしたが、みんなで鬼ごっこなどをして遊びました。
下山は、ユースホステルルートで。
急な下りで、子どもたちはおしりをついたり手をついたり。
中には、おしりが泥だらけになる子どもたちもいましたが、全員ケガ無く無事に下山をすることができました。



最後に、子どもたちとプログラムのふりかえり。
もう行きたくない!と言う子どもが多いのかと思っていましたが、ほとんどの子どもたちが「機会があればまた登りたい」という話をしてくれて、嬉しい驚きでした。

歩くことは、運動の基本。
この頃の子どもたちの遊びでは、歩くという基本の体験がおろそかになっているように感じています。
今回は登山というプログラムでの歩きの体験でしたが、全員達成感を得られたようで、また今後のプログラムの中でも、歩きという要素を取り入れた活動をやっていきたいと思っています。

最後に、頑張ったキッズコースのみんなに、拍手!
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第5回キッズコース「キッズ・野あそび隊」 10月9日(日)〜10日(月・祝)
キッズスコース第5回目は、「キッズ・野あそび隊」と題して、森の中で隠れ家作りや遊具作りなど、野あそびの2日間をすごしました。

森の中の隠れ家作りでは、自分たちでアイデアを出しあい、材料をホームセンターで購入。
ブルーシートやロープなどをはじめ、園芸用の棒など、さまざまなものを購入していました。

いよいよ森の中での隠れ家作りがスタートしました。
立ち木と立ち木の間隔が良い場所を選び出し、ロープを張ってブルーシートで大まかな隠れ家を作っていきました。



そのあとは、班の設計図によってまちまち。

ある班は、隠れ家の中に机と椅子を丸太で作ったり、ある班は、丸太で作った楽器や遊具を、隠れ家の近くに作ったり、それぞれ班毎にアイデアいっぱいの隠れ家&遊具作りをしていました。



中でも、びっくりしたのは、子どもたちのアイデア。
ブルーシートをはさみで切って窓を作ったり、はっぱや枝を使って、隠れ家をデコレーションしたり、個性いっぱいの隠れ家が完成しました。



不思議なことに、どの班も、立ち木を使ったブランコがあったこと。
立ち木のイメージが、すぐにブランコにつながったのかどうかはわかりませんが、、全班ブランコがあったのには、驚きました。



出来上がった隠れ家でのまわりでは、それぞれ思い思いの遊びをしながら時間を過ごしました。

どの班も、班員同士の協力がみられ、1泊2日のキャンプは、有意義なものになりました。

次回は登山。
全員が協力して、頂上を目指してほしいと思います。
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第4回キッズコース「すいぞくかん探険隊」 9月23日(金・祝)
キッズコース第4回目の活動は、福岡市東区にあります「マリンワールド海の中道」を会場に「すいぞくかん探検隊」と題して、水族館の裏側に潜入してきました。



ほとんどの子どもたちが、一度は訪れているマリンワールド。
プログラムでは、マリンワールドの学習交流課のスタッフの方から、水族館の様子について説明があり、興味津々聞いていました。



中でも、イルカが頭が痛くなったら「人間の薬、バッファリン」を飲ませるという話。
びっくりしました。
よくよく聞いてみると、ほ乳類なので大丈夫と言うことでした。
 
その後、いよいよバックヤードに潜入。

大水槽に生き物を搬入するときの方法を聞いたり、生き物によって細かく分量を計算して与えるためのえさの調合室を見学したり、大水槽の上を見学したり、海水の循環システムを見学したりと、普段見ている水族館とは、全く違った姿を知ることができました。



しかし、最後に見学した「イルカショー」を見てから1日のふりかえりを行ったところ、子どもたちから出た「今日の1番の思い出」は、「イルカショー!!」という言葉。
目を丸くして、興味津々聞いていたバックヤードのお話しも、イルカショーには負けるのかと、ちょっとがっかりした1日でした…。 

| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第3回キッズコース「Let's ビーチコーミング」 7月24日(日)
キッズコース第3回目の活動は、津屋崎海岸を会場に「ビーチコーミング」をテーマに活動をしました。

この日は、天気が良く、最高の海あそび日和。
プログラムでは、海岸線を歩きながら、さまざまな漂流物を探しました。
ビーチガラスや流木、貝殻など、さまざまな漂流物を探し出すことができました。

後半の活動は、探し出した漂流物を素材に「モビール」を作りました。
貝に穴をあけて紐をとおし、バランスを取りながら流木や針金にむすんでいきます。
なかなか貝に穴をあける作業が大変なようで、中には貝を割ってしまう子どもたちもいました。



それでも、子どもたちは、思い思いのモビールを作ることができ、完成後は全員で品評会を行いました。

昼食後、海あそび。
子どもたちは、「ビーチコーミング」より、やはり「海あそび」の方が、楽しいようで、全身びしょ濡れになりながら、海あそびを楽しんでいました。


| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第2回キッズコース「めざせ!アウトドアの達人」 6月26日(日)
キッズコース、第2回目の活動は「めざせ!アウトドアの達人」というテーマで、篠栗町のクリエイト篠栗を会場に実施致しました。

予定では、野外炊事を行う予定でしたが、当日は、朝からどんよりとした天気。
いつ降り出してもおかしくない天気でした。

そこで、室内での食事作りに変更。
しかし、ネイチャーキッズスクール的には、単なる食事作りではつまらない!
…ということで、グループで食材を探し出し、その探し出した食材によって、昼食を作るプログラムにしました。

クリエイト篠栗周辺に隠された、各班3つのポイントを回ってきます。
そこには、食材の引き替えカードが隠されています。
子どもたちは、地図を片手にポイント探しに出かけました。



約1時間後、子どもたちは見つけたカードを手にもどってきました。
いよいよその食材を使って、オリジナルカレー作りに挑戦です。
使う食材は、班によって違います。
普段のカレーでは、絶対入っていないような(?)食材を目の前に、全班オリジナルカレー作りに奮闘しました。

具材がミスマッチなカレーもありましたが、それぞれの班、オリジナリティーのあるカレーができあがりました。



パイナップル缶やチーズを探し出した班は「とろとろパインチーズカレー」、
トマトのホール缶を探し出した班は「しあわせ肉トマカレー」、
肉のない班は「みんな大好きカレー」を作りました。
どの班も、なかなかの味でした。
(子どもたちには「とろとろパインカレー」が甘くて一番人気だったようです)

夏の宿泊プログラムの際は、野外炊事でこのみんなの団結力を発揮してほしいと思っています。
| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |
 第1回キッズコース「キッズ!はじめましてウォーク」 5月29日(日)
今年度、初めてのキッズコースの活動。
「キッズ!はじめてウォーク」というテーマで、中央区の西公園を会場に、探検ハイキングに行って来ました。

この日は、台風が接近していると言うことで、朝から雨が強かったのですが、子どもたちは元気に参加してくれました。

初めての活動と言うことで、1年間共に活動をしていく班の仲間と、カウンセラーを知ることが大きな目的。



雨の中でのプログラムでしたが、地図を片手に雨具を着て、西公園を元気よく周っていました。
各班からは、「こっちの方向でいいの!」「この課題の答えは?!」と班の中で、声をかけながら協力をしている姿が見られました。

  

駅で集まった時には、期待感と不安感が入り交じっているようでしたが、プログラム終了後の全体ふりかえりでは、全員班のお友だちができたようで、明るい顔に変わっていました。

これから1年間、いろいろな事に挑戦して、大きく育っていってほしいと思っています。

| [2011年度活動報告]キッズコース(小2〜小3) | TOP↑ |