ネイチャーキッズスクール

New
 第10回ジュニアコース「ジュニア隊・最後の挑戦!」 3月11日(日)
ジュニアコースもいよいよ最後の活動。
最後の挑戦は、681メートルの若杉山に登りました。



天気が心配でしたが、何とか各班ともに頂上に立つことができました。


   

最後のふりかえりでは、「この一年間で自分が成長したと思うこと」を、各自が発表しました。

「我慢できるようになった」
「初めての人にも話しかけたりして、仲良くなれるようになった」
「あきらめることがなくなった」

などなど、みんなよい話をしてくれました。

このジュニアコースが始まった5月には、思いもしなかった自分になっているかもしれませんね。
みんなの精神的な成長を実感できた一年間でした。

参加してくれたみんなありがとう!
また、みんなに会える日を楽しみにしています。

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第9回ジュニアコース「手作りピザ屋」 2月12日(日)

ジュニア9回目の活動は「手作りピザ屋」をテーマに活動を行いました。

活動場所は篠栗町「ふくおか森の家」です。

 

今回はジュニアのみんなに「コカコーラのペットボトル」を持ってきてもらいました。

「なんでいると?」「なんに使うと?」子どもたちは不思議な顔をしています。

ピザは生地から作りますが、このペットボトルが重要な役割をします。


ピザを焼く釜も手作り。

ちゃんと作らないとお昼ごはんには、ありつけません!

 

森の家に到着し、早速、ピザ作り開始です。

まずは、ディレクターが見本を作ります。

「えーぇ!?ペットボトルに入れるとー?」みんなビックリです!
コカコーラのペットボトルには秘密があって、材料を入れるとあら不思議。

ピザ生地が出来上がります。


 

発酵を待っている間に「オーブン」を作ります。

材料は「ダンボール・アルミ箔」。
炭で焼くのでしっかり作らないと、燃えてしまいます。



 

そして各班が使いたい具材を、トッピングとして乗せます。
各班おいそうな具材が揃っていますよ〜♪

 

さあ、そろそろ発酵したかな〜?
今回は気温が低かったので、いつものより時間がかかりました。


いよいよ、生地の取り出しです。
「切ってとりだすと?」という子どもたち。


ここからが、今日最大の見せ場です。
発酵したガスを使って、
一気に生地を取り出します。

「バフゥ」という音とともに、生地が出てきました。




後は生地を伸ばして、トッピングをして、焼きます。

焼き上がりは25分〜30分で完成!

最高のピザが出来上がりました。



一人1枚作りましたが、焼きあがるまでに時間がかかりますので、班のみんなで食べくらべをしました。

盛りだくさんのトッピングや、生地の中にチーズを挟んだりなど、一工夫加えたピザもあり、「おいしー」の声があちこちから聞こえていました。



 

身近にある物でちょっと工夫をすれば出来ることを学んだ1日となりました。

また活動では、協力して取り組む姿や、笑顔がたくさん見られました。

最終回に近づき、子どもたちの関係もしっかりしてきているように思われます。

 

次回は最後の活動の「登山」です。

さらなる、みんなの力が必要です!!

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第8回ジュニアコース「思い出作り!焼きもの体験」 1月22日(日)
第8回目の活動は「思い出作り!焼きもの体験」をテーマに活動を行いました。

今回はいつもお世話になっている里の家「かりん」が会場です。
「かりん」に着いたら、早速陶芸の先生から陶芸のやり方を教わりました。



今回は、「たたら作り」でお皿を、「手動ろくろ」を使って湯呑みを作りました。

お皿作りでは、めん棒で薄く粘土を伸ばし、周りにある葉っぱの形をつけたり、オリジナルのイラストを書き込んだり、おそろいの小皿を作ったり、いろいろなアイデアで作品を仕上げました。

  

また、湯呑み作りの方は、粘土の扱いになかなか苦戦している様子でした。
初めに自分なりのデザインを描いて、取り組みましたが、思い通りには行かない様子…。
細くのばした粘土を積み上げていくうちに、どんどん大きくなっていき、どんぶりのような形になってしまった人、中には花瓶のような作品を作った人もいました!!!



自分のイメージとは違う作品になった人も多くいましたが、どの子も「自分なりに満足行く作品になった」という感想を話してくれました。

これから、乾燥→素焼き→釉薬→本焼き、というたくさんの工程を経て、やっと作品ができあがります。
出来上がった作品は、3月に予定している「2011年度ネイチャーキッズスクール通年コースの修了式」で渡します。

どんな仕上がりになるのか、とても楽しみですね。
乞ご期待!

【焼きもののその後 2月10日(金)】
みんなが作った作品は、乾燥→素焼き→釉薬→本焼き という工程を経て、完成します。
2月10日はスタッフ数名で、素焼き後の窯出しと、釉薬の吹きつけ作業に行ってきました。

●窯から取り出します。


●素焼き後の作品。どれも、なかなかよい出来栄えですよ!


●器には、いろいろな色の釉薬を塗ってみました。
できあがりは、この色とは変わります。お楽しみに!

ちなみに、皿はそのままの土の色を活かすため、釉薬は塗りませんでした。
(仕上がると白っぽいお皿になります。おかずが映える色あいです。)

  

●釉薬の吹きつけ作業。
こうして、息を吹きかけて、釉薬を塗っていきます。
なかなか、肺活量のいる作業で、最後には息絶え絶えになりました…!
| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第7回ジュニアコース「里山キャンプ」 12月3日(土)〜4日(日)

ジュニアコース2回目の宿泊プログラムのテーマは「里山キャンプ」。
(1
回目は10月に行った「グループビバーク」でした。)


今回は、八女市上陽町にある「古民家 旧川口邸」に行きました。

川口邸は築150年、造り酒屋だった居宅を再生した素晴らしい施設です。

純和風の建物、子どもたちも興味深々でした♪

 

12月になり、師走を迎える季節となりましたので、今回はお正月を迎える活動を行いました。


日目は昔ながらの「餅つき」体験。

薪を燃やして、木製のセイロでもち米を蒸して、石臼でつきます。


ゲスト方の指導で体験しました。

一通り説明の後、ゲストの方が見本の餅つき!

綺麗なお餅がつきあがりました!!



せっかくなので試食♪

やわらかくて、おいし〜 おいしのは当たり前、ゲストの方は50年以上のベテランですよ!


子どもたちもセイロにもち米を入れて釜にのせます。

火の番をしながら、蒸し上がるのを待ちますが・・・薪を詰め込みすぎて火が消えそうになる班も…。見守ことも大切ですよ!

お昼ごはんを挟んで蒸し上がりました。



班ごとにつきますが、餅つきは時間とこねが大切!
こねをしっかりしないと、なめらかなお餅にはなりません。
時間がかかりすぎると、固いお餅になってしまいます。


各班、2回つきます。
つき方、順番を話し合い、挑戦します。
「こね、つき、返し」も自分たちでします。



さっそく、餅つき開始!
時間はかかりましたが、お餅ができました♪
丸めて、試食。

感想では「またやってみたい!」「これまで学校でやった餅つきはつくだけだったけど、蒸す所から全部やったので楽しかった」という声が多く聞かれました。

 

夕食はもちろん、お餅を使った料理「雑煮」を作りました。

おいしくて、ついたお餅は全部食べてしまいました♪

お土産を楽しみにしていたお家の方すみませんでした。

 

日目は「しめ縄つくり」に挑戦!

地元の名人に教わりながら、慣れない手つきで作りました。

  

よいお正月を迎えるために、ひとつひとつに意味があることがよく分かりましたね。
よい年を迎えましょう!

次のジュニアの活動は、年明けです。
しばらくみんなには会えませんが、よいお年を!
そして、来年も宜しくお願いします。

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第6回ジュニアコース「わくわくフィッシング」 11月20日(日)

ジュニア今回は「わくわくフッシング」です。

マイ釣りセットの持参の子どももいて、楽しみにしている子どもたちも多くいい体験になりそうです。


移動の車の中は、毎回にぎやかなで、あっというまに西区にある「海釣り公園」
に到着しました!

 

釣りの時間は4時間あまり。
子どもたちにたくさん体験してほしいので、作戦会議にも熱がはいります!


さあ行くよ〜と、釣り場に歩きだすと・・・風が冷たいーーぃ

釣りには付き物ですから、我慢です!!


仕掛けを作る説明の時も、手がかじかんでしまい、なかなかうまくいきませんが、何とかセッティングOK!



自信のある子は1人で挑戦します。
自信のない子はグループで挑戦します。



糸が絡まったりしたら自分で直すことが条件です。
やってもらえば簡単ですが、自分ですることに意味があります!

 

さっそく釣り開始!・・・

なかなか釣れません・・・

施設の方にもたくさんサポートを頂きました。
ありがとうございます。

残念ながら、大漁とはいきませんでした・・・


 

子どもたちも「釣れなかったけど釣りができて楽しかった!」「また挑戦したい」などの感想がありました。

 

釣りも自然相手の活動です。
潮の流れ、気候、水温もあります。

また、魚と人間の勝負でもありますね!

機会があればリベンジです!! 

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第5回ジュニアコース「グループビバーク」 10月9日(日)〜10日(月・祝)

今回の活動は、新宮町のじゃがいも村で行いました。

 ジュニアコースの初めての宿泊プログラムですが、ビバーク(野宿)の体験です。


全体オリエンテーションでは、ビバークの説明、ルール、条件を確認します。

いつもは班で活動しますが、今回は班を23人のグループに分けて行いました。

 

午後からは、レクチャーの時間、簡易テントを作るためのロープワーク、簡易テントの作り方、火おこし、食事の作り方、ビバークに必要な装備等やることがたくさん!




子どもたちは、ロープワークの練習を熱心に行っていました。

「火おこしはしなくていいの〜」「大丈夫!!」とのこと、本当に大丈夫なのかな・・・!?

 

いよいよビバークの開始時間15時です。
子どもたちは必要な大きな装備をもって出発!


グループで協力して簡易テントを作り、火おこしをして食事をつくり、明日の9時まで時間を過ごします。

 

夕方の巡回で様子を見たところ、各グループとも簡易テントは完成していました。

食事もとっていました。

   

夜、山の中なので、もちろん街灯はなく、真っ暗。
みんな寝ていたようで、静かな夜でした。

 

さて2日目9時の笛の合図で、子どもたちは無事生還!!
ばんざ〜い!
ジュースとクッキーで乾杯しました。



 

18時間のビバークの体験でしたが、自信をもった子もいれば、不安が先にたちルールを守れなかった子、また、火おこしもうまくできるはずと思ってた子どもたちもいて、色んな思いを感じたことと思います。


グループの誰かがやってくれる、という甘えもあったと思います。
今回のグループビバークを通して、協力する意味を感じてくれたらと思います。

 

今回で前半の5回の活動が終了しました。

班の目標や個人の目標を見直し、再確認しました。


後半の活動に向けて充実した気持ちで望んでいきたいですね!

 

次回はフィッシングです。

たくさん釣りましょう!! 

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第4回ジュニアコース「化石大作戦!」 9月23日(金・祝)
夏休みをはさみ、前回の活動から約2ヶ月ぶりに会ったジュニアの子どもたち。
久しぶりの再会です。


今回のテーマは「化石大作戦」で遠賀郡芦屋町へ行きました。

 

芦屋海岸から北九州市若松にかけては、今から約3000万年前の海の地層「芦屋層群」が分布している場所です。

 

今回は30年ほど化石の研究をしている「化石の達人」にお願いをして化石大作戦です!

 

まずは、芦屋歴史民俗資料館でレクチャーです。

ここには、芦屋海岸一帯で採掘された化石が展示してあります。

どんな化石が見つかるか実物を見学しました。

また芦屋町の歴史についても学んできました。

 

さて、基礎知識を学んだ後は、いよいよフィールドへ!



午前中は景勝地でもある「洞山」に行き、地層の見学です。

早速、地層の中に化石を発見

達人から化石採取の方法を学びますが・・・。

さすがは「達人」、化石を見事に採取されました。


このあたりで、子どもたちのテンションは
MAXに!

 子どもたちはレクチャーの後、化石を発見しながら採取に挑戦しました。


 

午後からは別の場所に移動です。

化石発見もしながら「メノウ」、「珪化木」も発見しました。


 

今回は「アシヤキリガイダマシ」、「アシヤタマガイ」「ニッコウガイ」など、色んな種類の化石が発見できました。



なっ、なんと!ディレクターは密かに「ウバザメの鰓耙(さいは)」を発見しました!

(達人からお褒めの言葉もいただきました)
 

最後のふりかえりでは、採取した化石の標本は大切にして下さいねと、達人からのお願いがありました。


何気なく見ていた岩や地層から、太古の昔に生きていた生物を間近に見ることができ、それを形に残した、化石の神秘さを学んだ1日となりました。


みんなの生活している近くにも化石はありますよ。
(博多や天神にもいっぱい!)

ぜひ、さがしてみてくださいね!

 

次回は宿泊プログラム!

元気に会いましょう。 

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第3回ジュニアコース「海あそびの達人」 7月24日(日)

今回の活動は「海あそびの達人」です。

海ガメが産卵に来る、とも言う津屋崎海岸に行きました。

 

遠浅の海岸で海の色のきれいですね〜!

海の家をベースに、活動しました。

 

海あそびの一つとして、今回はスノーケリングを体験しました。

ライフジャケット・マスク・スノーケル・フィンを付けていざ海へ!



 

なかなか慣れず、すぐにゴーグルを外す子どもたち。

外すと塩水が垂れてきて、目が痛くなると言っても、どうも気になるようです。

何事にも“慣れ”は必要です!

 

2人1組でバディーを作り、活動の基本も習いました。

砂浜でのスノーケリングでしたが、魚や、海の生き物を見ることができ、子どもたちも大興奮でした!


 

午後からもスノーケルをしながら、海の散歩を楽しんでいました。

今度は磯場にチャレンジしてみたいと思いますね!

 

次回は夏休み明けに会いますね。

しばらく間が空きますが、夏休みの楽しい話、楽しみにしています!

 

 

 

 

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第2回ジュニアコース「1日限りのジュニアカフェ」 6月26日(日)

台風の風の影響がある梅雨空の中、2回目の活動です。

(前回も台風だったような・・・)


今回のテーマは「1日限りのジュニアカフェ」。
篠栗町にある「ふくおか森の家」に行きました。

 

前回は学校行事でお休みした子どもたちも、今回は全員参加しての活動です。

活動の前に、前回の活動で決めた班の目標をみんなで確認し、1年間の個人の目標を決めました。

 

さて、それが終わると、いよいよ「ジュニアカフェ」の準備開始です。

班のみんなと協力してランチを作りますが、ネイチャーキッズスクールの食事作りの基本は「野外炊事」。
薪割り&火おこしは、大切なキャンプ技術です。
今回はそれをマスターするのも大きな目標です。


 

そしてテーマは“カフェ”。

テーブル周りを装飾したり、オシャレに飾ることにしました。

各班のセンスが求められますね!



カフェらしく、今回のメニューは「ごはん、ハンバーグ、コンソメスープ」。
 

まき割り、火おこし、食材のレクチャーを受けた後、班で役割分担をきめ、いざ料理開始!

設定した時間を30分程オーバーしましたが、各班完成しました。


最後に、ジュニアカフェのテーマにふさわしいかどうか、本部スタッフによる審査があります。

審査のポイントは、1.テーブルの飾りつけ 2.料理のみため 3.味 です。


各班の料理を食べながら、本部では早速審査会がヒソヒソと行われています。
「ごはんに、芯があるな〜」「スープの味が・・・無い!?」「飾りつけは、いい感じ!」

 

厳正なる審査で僅差でしたが、1班が優勝でした。

 


子どもたちもすっかり仲良くなったように思いました。

次回の活動が楽しみですね。 

| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第1回ジュニアコース「ジュニア冒険ハイキング」 5月29日(日)
ジュニアコースもいよいよスタートしました。

第1回めの活動の舞台は東区志賀島。
しかも、天気は台風間近の荒れ模様…!

予報を見る限りは、それほど風も強くないので、予定通り、ジュニアのみんなと志賀島に出かけてきました。
雨とは言え、しっかりした雨具を着ていればそれほど苦ではありません。

志賀島といえば、マリンスポーツが有名ですが、時間をさかのぼるととても歴史が深く、あの有名な金印が発見された場所であり、山笠の発祥の地であり、志賀島には魅力がいっぱいです。
今回の「ジュニア冒険ハイキング」は、まさに志賀島の歴史を知るハイキングとなりました。

まずは、1年間の自分の目標や、班の目標を話し合いました。
2つの班から出たキーワードは「楽しく」「協力」でしたね。
この2つのキーワードをいつも忘れず、大切にしていきましょう!



さて、いよいよ冒険ハイキングです。
指示書を見ながら、雨の中元気に出発!
志賀島の歴史を知るためのいくつかのポイントをめぐりながら、時には町の方にお話しを聞いたり、宮司さんに質問したりと、積極的な姿が光っていました。



1時間半ほどのハイキングの途中では、雨がやんだり、風が強く吹いたりして、結構スリリングなハイキングにもなりました。

ハイキングを終えて、お弁当を食べ、いよいよ答え合わせ。
しっかり調べることができたおかげで、2班とも全問正解!でした。
2班ともに、「やった〜!」という歓声も聞かれ、とても前向きなみんなの姿がとても嬉しく感じられました。



全問正解のご褒美は、「金印せんべい」。
せんべいを食べながら、今日1日の活動を振り返り、おうちの人が待つ博多駅へと帰りました。

風の影響で、残念ながら船に乗ることはできませんでしたが、みんなで行く電車の旅もよいものでしたね。
初めて会った班のお友だちとも仲良くなることができました。

今回は、小学校の運動会と重なり、数名のお友だちが活動に参加することができませんでした。
第2回からは、班の全員が集まって行う最初の活動でもあります。
今回の協力体制で、次回もがんばりましょう!


| [2011年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |