ネイチャーキッズスクール

New
 最終回「たべあそび」 3月22日(月・祝)
 かわいいかわいいリトルのみんなと過ごす活動も、今回が最終回。

テーマは「たべあそび」。みんなでさよならパーティーをしました。

班ごとにデザートバイキングさながらの4種類のデザートを作りました。

現場は…というと、小さなリトルさんたちの包丁さばきや、午後から始まる修了式までの時間との勝負!だったので、とてもとても感傷に浸るヒマはありませんでしたが




思えば、私がリトルの子どもたちと出会った昨年秋、人懐っこい子どもたちに、来月も会いたいな〜とすぐに思わせてくれるかわいこちゃんたちばかりでした。(…すっかり、オバサン発言)



どのようなきっかけであれ、自然と身近に関わること、気が合う友だちとだけでなく、色々な友だちと関わることが子どもたちには本当に必要だと感じます。

自然の中でのあそびを通して、色々な自然物や人とコミュニケーションをとりながら、成長していく経験は、おそらく<生きる力>になり、一生使える技術になると思うのです。

このネイチャーキッズスクールでの経験が、奥底で子どもたちの生き方につながってくれることを願いつつ、また来年度も元気に頑張っていこうと思うのでした!



1年間リトルコースに通ってきてくれてありがとうございました。

そして、朝早くからお弁当を用意し、博多駅まで送り届けてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

報告;角南 明子(すっぱまん)
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第9回「じぶんあそび」 3月7日(日)
 今回のテーマは「じぶんあそび」。

そこで、自分で好きな遊びをたっぷり満喫することを今回の活動内容としました。

舞台となったのは、ネイチャーキッズのオプショナルプログラムなどでも
よく使わせていただく新宮町のじゃがいも村。

前日までの雨の影響で、牧場の中はズルズルぬるぬる…。

どろと馬の糞が入り混ざった感じで、そのせいなのか、いつもはおだやか〜〜な馬たちも
なんだか気が立っていて、残念ながら馬と遊ぶことはできませんでした…。

でも、豊富な遊びフィールドがあるじゃがいも村なので、子どもたちの遊び場は
いくらでもあります。
  

裏山探検に行ったり、裏山にあるツリーハウスで遊んだり、焼き芋をしたり、
畑のぬかるみを駆け抜けておにごっこをしたり…。 
  


子どもたちは雨具を着ているし、汚れることはおかまいなし。

靴もべちょべちょになりながら、楽しそうに遊んでいました。

側溝を流れる茶色い雨水をひたすら混ぜるグループもいて、
それはそれは楽しそうで、終わりのない遊びでした。


裏山の小道で子どもたちの笑い声が響き渡っていて、それを聞いているだけで、
とっても嬉しくなりました!

でも、保護者の皆様は、お洗濯が大変だったことと思います。
(すみませんでした…



次の活動でいよいよ最終回。

子どもたちの成長ぶりや子どもらしさをたくさん見てきて、本当にかわいいリトルのみんなです。

みんなとお別れになるのが、とってもさみしいです

次回も体調に気をつけて、元気に来て下さいね!

待ってま〜す!

報告;角南明子(すっぱまん)
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第9回「おとまりあそび」 2月13日(土)〜14日(日)
今回のリトルコースは、初めての宿泊プログラム「おとまりあそび」。

年長〜小1という小さなリトルの子どもたちにとっては、楽しさ半分、不安半分の1泊2日だったかもしれませんね!

(でも、きっとおうちで待っていたお父さん、お母さんの方の方が、不安いっぱいだったはず…!?)


しかも、今回はこれまでの9回の中で、一番多くの子どもたちが出席してくれました。

子どもたちの元気さももちろん嬉しいですが、多少の不安がありながらも、気持よく送り出してくださったおうちの方のお気持ちがひしひしと感じられ、とても嬉しかったです!ありがとうございました!


さて、今回は1泊2日なので、ゆっくりじっくり過ごせます。

食べるのも、お風呂に入るのも、寝るのも一緒で、小さな家族のような感じでした。



1日目は泊る場所の探検からスタート。

食堂は?お風呂は?トイレは?みんなが泊る部屋は?

何事にも熱心に取り組むリトルの子どもたちは、本当にかわいいです!


いよいよ、お楽しみの夕食タイム。バイキング形式なので、自分が食べられる量を自分でよそうのも、リトルのみんなにとっては、ちょっとしたチャレンジです。



「みんな、残さず食べられるかな〜?」と思いながらみんなを見てみると、そんな心配はよそに、8割くらいの子どもたちがおかわりをしていました。

みんな、すごいすごい! お腹がすくのはたっぷり遊べた証拠です。

夜は早めに就寝。8時半には、ほとんどの子どもたちが夢の中でした!



2日目、朝食は野外自炊です。みんなで作ったご飯はやっぱりおいしい!

「足りないよ〜」の声も聞かれたほどでした。

  


2日目の活動は、班ごとに篠栗町内を回るハイキングです。

班ごとに行きたい場所を決めて、みんなで地図を見ながら自分たちのゴールを目指しました。

お遍路さんの道を歩いた班、ヒミツの森を歩いた班…、班のみんなの結束もこの2日間で、より強くなったことと思います。

  


リトルコースが始まった5月には、まだどことなく頼りなかった子どもたちも、すっかり自信がつき、心も体も大きく成長したのではないでしょうか。

この数カ月でも、みんなの姿をみるとそのことを実感してしまいます。


リトルの活動も残すところあと2回となりました。

3月も元気に来てくださいね!待っていますよ〜


報告;角南 明子(すっぱまん)
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第8回「どうぶつあそび」 1月17日(日)
今回の活動は「どうぶつあそび」。リトルのみんなで行ったのは、飯塚市八木山高原にある

ピクニカ共和国です。

ここは、森の中のふれあい動物園で、小さな生き物から大きな生き物まで、

20種類以上の生き物がいました。 

まず子どもたちの歓声を浴びて、大人気になったのは、生まれたてのヒヨコ。

ふわふわの羽、温かさ、小さなその姿に、子どもたちは釘付けでした。



他には、モルモットや犬、イグアナやヘビ、タヌキやテナガザルなどたくさんの

生き物達を触ったり、みたり、えさをあげたり…と、思い思いに過ごしました。




小さなヒヨコでさえも「こわい〜」と言っていた子どもたちも、

すぐに触れるようになって、すっかり生き物と仲良くなっていました。


この園の中でもひときわ大きくて目を引くのが、ダチョウ!!

はじめは近づくのもこわごわだった子どもたちでしたが、

中には手から直接えさを上げられたり、

首に触ったりできる勇気ある子どもたちもいて、びっくりでした!



先週降った雪が、まだまだ解けずに残っていて、

どうぶつあそびの後は、たっぷり雪遊びができました。
  

天気は快晴。そして、足元は白銀の世界。

福岡には珍しい遊びの光景でした。

雪の中にちらばった、カラフルな雨具がとてもきれいでしたよ!  



昼食の後は、草ソリゲレンデでそり遊び。

雪のおかげで、草ソリどころか、本当のそり遊びができました。

一日たっぷり遊んで、たっぷり笑った一日でした。



一年間の活動も後半に入り、リトルコースの子どもたちはますます仲良くなって

いるようです。

班の仲間とのつながりを超えて、他の班の仲間との関わりもできるように

なってきています。

残りあと3回、しかも来月は初めての「おとまりあそび」

リトルのみんなにとっては、楽しみと不安が入り混じった気持ちかもしれませんね!

おうちを離れて友達と泊まって、またひとつ大きな自信をつけてもらいたいと思っています。


報告:角南 明子(すっぱまん)
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第7回「きのみあそび」 12月13日
今回のリトルコースのテーマは「きのみあそび」。

今宿野外活動センターに行って、まずはきのみ拾いからスタートです。

子どもたちの目線は、大人よりも地面に近いので、

きのみはもちろん、色々なおもしろいものを発見しては、教えてくれます。

さすが、リトルのみんな。その輝く目が素敵なんです!(いつまでも忘れないでね♪)


雨が降り出してきたので、急いで部屋に入り、さっそく拾ったきのみで作品づくり。

どんぐりコマややじろべえ、ネックレス、お面、そしてオブジェ。

子どもたちの創作意欲がモクモクと沸いてきて、たくさんのものを作品が仕上がりました。


午後からは、作った作品の発表会&お祭り広場。

ミニコマ回し大会ややじろべえ対決が始まりました。

それにしても、子どもたちのコマを回す技術たるや、すごいです。


絶妙な角度で、絶妙なリズムとバネで、くるくるくるくる、コマを回します。

(カサカサに乾いた私の指では、悲しいかな、うまくコマを回せないんです…)



そして、どんなところにも立つやじろべえの不思議を発見しました。

頭の上にも、舌の先にも、鼻の上にも、頬にも…!
  

こうした昔ながらの遊びって、時代を超えてもとても楽しいですね。

子どもたちの心に今回の活動の楽しさが残ってくれればいいな〜と思っています。

報告(角南 明子:すっぱまん)





| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第6回「もりあそび」
11月の活動は、油山市民の森に行って来ました。

ちょうど秋も深い、この季節。落ち葉はザクザク、どんぐりもたくさん落ちていて、リトルの子どもたちは
森の落し物さがしに大忙し。

午前中は、班のみんなで森の中の秋をさがしに行きました。
どんぐり、不思議な形の実、落ち葉、いいにおいの葉っぱ…などなど、楽しいものがいっぱい!


そしてその後はみんなで落ち葉をかき集め、落ち葉ベットで遊びました。
元気に身体を動かせば寒さもへっちゃらなリトル諸君でした。


午後は森のどんぐりを植木鉢に入れてお土産作り。
マテバシイのどんぐりを大事に持って帰りました。
春になる頃、芽を出してくれるかな?

ちなみに、スッパマンのおうちでは、カブトムシの幼虫のいるケースに入れておきました。
みんなのおうちでも、大事に“木の赤ちゃん”を育ててね〜!

報告;角南 明子(スッパマン)
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第2回「たんけんあそび」

 
今回は、自然いっぱいの志免町の平成の森公園で活動してきました。
 
公園では五感を使ってあそんだり、たんけんずかんを作ったりしてあそんできました。
 
午前中の五感を使った遊びでは、カウンセラーをよ〜く見ての間違え探しや袋の中身を触れたり匂ったりしての中身当てクイズを行いました。
 
昼からは班のみんなで公園のたんけんずかんをつくりました。たんけんずかんには葉っぱや花、木の実など公園で自分たちが見つけたものを載せていきます。探検しながら公園にあるものの何を載せるかを班のみんなで相談し、自分達だけのたんけんずかんを作っていきました。
どの班もステキな図鑑ができあがっていたようです。
 
 
| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |
 第1回「ともだちつくり」
 

ついに始まったネイチャーキッズスクール福岡校のリトルコース。今回の活動は西公園で行いました。
 
 リトルのみんなは、西公園へ移動するバスの中でもドキドキわくわくした様子でした。西公園に到着しオリエンテーションを終えたら、1年間一緒に活動する班の仲間やカウンセラーといろいろなゲームをして遊びました。その後、班の仲間と1年間の目標について話をしました。各班では、どんな目標がたてられたのかはお楽しみ。
 目標をたてたら、班毎に西公園冒険ラリーに出発!!
頭をかしげるいろいろな問題が出されていましたが、答えを発見したときの歓声は遠くまで聞こえていました。
 
 帰りには、大濠公園に足をのばしてみました。大濠公園では、今日一日の活動をふりかえって、班のみんなで発表をしあいました。

 これから1年、元気いっぱいのリトルのみんなと活動するのがとても楽しみです。
 
 1年間、どうぞよろしくお願いいたします。
 

| [2009年度活動報告]リトルコース(年長〜小1) | TOP↑ |