ネイチャーキッズスクール

New
 第8回チャレンジ隊「ゲレンデスキーに挑戦」 2015/2/14(土)〜15(日)
今年度のチャレンジ隊最後の活動は、「ゲレンデスキーに挑戦」をテーマに、広島県のめがひらスキー場に行ってきました。

スキーの技術別に3つの班に分かれ、スキーに挑戦しました。

何度かスキーを経験しているお友だちもいましたが、今回が、初めてのスキー体験というお友だちもいました。
初日は、ゲレンデの下の方で、転び方や止まり方のレッスン。
その後、初心者用のリフトに乗って、滑りながら止まり方のレッスンを続けました。


はじめ転んでばかりいた初心者班でしたが、さすがチャレンジ隊。
1日目の終わり頃には、何とかリフトの上から転ばずに滑ってくることができました。
まだまだ、肩に力が入ってがちがちのスキーでしたが、子どもたちは全員「楽しい!」「またきてみたい」と、スキーの楽しみを感じてくれたようです。
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第7回チャレンジ隊「挑戦!50キロオーバーナイトハイキング!」 2014/12/13(土)〜14(日)
第7回チャレンジ隊「50kmオーバーナイトハイキング!」のプログラムでは、篠栗町のふくおか森の家から福岡市内を通りながら、新宮町の「里の家かりん」までの約50kmを歩きました。

今年のハイキングは、子どもたちにとってとても苦労の連続だったようです。
初めて挑戦する人、何回目かの挑戦の人、さまざまでしたが、何度歩いても苦労はあるので、約40km地点からが特に心身ともに、きつかったようです。
それでも、子どもたちは班のみんなと最後まで歩き通しました。
そんな光景をみて、普段の活動で見ることができない子どもたちの大きな成長を感じる事ができました。
  

  

約12時間、全員無事にゴールに着くことができました。
子どもたちの感想は、「歩いているときは苦しかったけど、歩いてとても良かった」「友だちに励ましてもらった」。
50kmを歩いた子どもたちは、みんな達成感を感じて、満足した表情をしていました。
本当にみんながんばりました。
誰もが、「一人ではできない、仲間いたから出来た」ということを、ごく自然に感じたのではないでしょうか。
  

はやいもので、次回はいよいよ今年度「チャレンジ隊」最後の活動となります。
今回の活動をベースとして、最後の活動として悔いのない取り組みをしてほしいと願っています。
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第6回チャレンジ隊「ホースアドベンチャー」2014/11/1(土)〜3(月・祝)
11月に行った第6回チャレンジ隊の活動では、乗馬に挑戦してきました。
きゅう舎の近くにテントを張らせて頂き、馬を間近にしながらの2泊3日。


毎朝、きゅう舎の清掃やえさやり、シャンプーなど、生きものを飼う大変さを感じることができました。
  

  

  

また、乗馬体験では、常足から速歩、そして駈足にも挑戦しました。
駈足では、馬の動きについて行けずに、おしりを痛くしてしまった子どもたちもいました。
  

2泊3日の乗馬クラブでの生活を体験することで、乗馬の楽しみや大変さまで、いろいろと学ぶことができたと思います。
ぜひ、また機会を作って挑戦してほしいと思います!
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第5回チャレンジ隊「英彦山ピークチャレンジ!」 2014/10/4(土)〜5日(日)
チャレンジ隊の第5回目の活動は、「英彦山ピークチャレンジ!」と題して、1,199Mの英彦山に登ってきました。

台風接近中ということで、天気は下り坂。
登山の予定を急遽変更して、1日目に、英彦山に登ることになりました。
高住神社側からの登山で、登りは急坂の連続で苦労しましたが、何とか全員予定時間内に中岳の山頂に立つことができました。
  
頂上でのお弁当の味は最高。
きつかった登りを忘れてしまうくらいのひとときでした。


2日目には、味覚の秋の収穫ということで、リンゴ狩りに立ち寄ってきました。

天候によるプログラム変更はありましたが、チャレンジ隊全員、今回の登山を通して、「やれば、どんなことでもやり遂げる」と言う、気持ちを感じてもらえたように思います。
これから後半戦。
さらなる挑戦をして行きたいと思います。
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第4回チャレンジ隊「シーカヤックツーリング」2014/9/13(土)〜15(月・祝)
第4回目の活動では、長崎県佐世保市を舞台に、「シーカヤックツーリング」と題してシーカヤック三昧の3日間を過ごしてきました。

カヤック経験者もいましたが、基礎から学び、新鮮な気持ちで取り組みました。
2日目に行われた往復10キロのツーリングは、復路は向かい風と波に苦戦しながらも、漕ぎ通すことができました。
  

また、3日目のタイムトライアルでは、仲間同志、積極的に応援する声も聞かれ、仲間の連帯感が感じられました。


キャンプ生活では、各係の子どもたちが指示を出しながら、活動に取り組みました。
時間の管理や協力、活動の取り組み方などに課題があり、今後の活動では、個人の目標を考え、隊としての目標を設定し、活動後に評価、次回の活動にフィードバックし、個人プレーではなく、仲間と協力する意識をしっかりもった活動になるように話し合いをもちました。
これまでの意識を変えて、行動することの大切さを考え、後半の活動で発揮してほしいと思います。
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第3回チャレンジ隊「海あそびキャンプ」 2014/8/26(火)〜27(木)
夏休み最後の週に行った「海あそびキャンプ」。
わんぱく探検隊と合同での活動でした。

メインプログラムである、手作りいかだレースでは、チャレンジ隊のパワーをみせることができ、今年はダントツ1位でのゴールとなりました。
  

また、その夜に行われた、夕食コンテストでは、1位はわんぱく探検隊にゆずったものの、何とか2位に入ることができ、チャレンジ隊の力をみせることができました。
  

チャレンジ隊の活動も、早いもので折り返し地点。
今回の合同キャンプでの頑張りを、これからの活動につなげていってもらえればと思っています。
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第2回チャレンジ隊「グループビバークに挑戦!」 2014/7/26(土)〜27(日)
第2回チャレンジ隊「グループビバークに挑戦!」では、班ごとに、じゃがいも村の裏山にブルーシートやロープ、自然の素材を使って、簡易テントを作り、そのまわりに食卓やかまどなどを作り、自分たちのキャンプ生活に挑戦しました。
  

簡易テントづくりでは、それぞれ班の個性がでていたようで、班ごとに思い思いのアイデアで、班のみんな全員が泊まることができる簡易テントを完成させていました。
  

生活面では、班の仲間で協力しての簡易テント設営や食事作りなど、活動の回数を重ねることに、徐々にではありますが、班の仲間との連帯感が深まり、スムーズなキャンプ生活ができているように感じました。
今後、さらに活動を経験することにより、さらなる班の仲間との協力体制が深まることを期待しています!
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第1回チャレンジ隊「キャンプテクニックと仲間づくり」 2014/6/21(土)〜22(日)
第1回チャレンジ隊は、梅雨の中ではありましたが、何とか天気の合間をみつけながらのスタートとなりました。
プログラムでは、1年間活動を共にしていく仲間と一緒に、キャンプの基礎技術の習得に熱心に取り組んでいました。


特に、ひとりひとりで挑戦した火おこしでは、前日の雨のせいで薪が湿っていたこともあり、なかなか自分の火を起こすことができませんでした。
時間を延長して、何とか数人の子どもが火おこしに成功。
おきた火を分け合いながら、それぞれにごはんを炊きあげました。
  

これから1年間、いろいろなことに挑戦していきますが、最後まであきらめずにがんばってほしいと期待しています
| [2014年度活動報告]チャレンジ隊(小5以上・宿泊型) | TOP↑ |