ネイチャーキッズスクール

New
 第10回わんぱく探検隊「30劵船礇譽鵐献魯ぅ!」 2016/2/27(土)〜28(日)
第10回わんぱく探検隊は「30劵船礇譽鵐献魯ぅ!」をテーマに、活動を行いました。
一年間のわんぱく探検隊もいよいよ最終回!
最後の活動は、一人一人が挑戦して、仲間と乗り越えなければならないプログラムです。

今回は、博多駅前を出発して、アイランドシティを抜け、新宮町「里の家かりん」までの30劼鯣匹瓦箸吠發ました。
初日の天気は、晴れ、曇り、雨、雷…、と何でもありの、大変な天候でしたが、子どもたちは誰一人欠けることなく、歩き通しました。
  

  

初めは自信がなかった子もいましたが、「歩いてみたら意外に短かった」「まだ歩けそうな気がする」「思ったよりきつくなかった」という感想が聞かれるほど、子どもたちは余裕の表情。
どの班も、予定の時間内にゴールすることができました。


夜はたき火を囲み、一日のふりかえり。
  

そして、2日目は、薪を使って最後の活動「ランチパーティー」。
  



それぞれにがんばった一年間でした。
この一年間の経験は、みんなにとっての大きな自信となったことでしょう。
何事にも挑戦していく気持ちを忘れないで、ますます素敵な子どもたちに成長していってくれると思います!

一年間、お疲れ様でした!そして、みんな、ありがとう♫
これからの活躍に期待しています!
そして、またどこかで会えることを楽しみにしていますハート
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第9回わんぱく探検隊「冬あそびキャンプ(チャレンジ隊合同)」 2016/1/23(土)〜24(日)
第9回目の活動では、「冬あそびキャンプ」というテーマで、飯塚市のサンビレッジ茜の人工芝スキー場での体験を行いました。

当日は、40年に一度という大寒波!
雪の降る中でのスキーとなりました。
初めてスキーを体験する子どもたちは、まずは転ぶところからスキーの基本を学びました。
また、経験者には、やはりスキーの基本の復習から行いました。
  

プログラム後半の活動だったため、子どもたち同士のサポートもあり、コツをつかむまでさほどの時間もかからず、1時間くらい練習を行うと、全員リフトに乗り、斜面の上からすいすいと滑り降りていました。


まだまだ不慣れなスキーでしたが、子どもたちの満足げな顔を見ていると、本当に楽しんでいると言うことが伝わってきました。
  

帰りは、大雪でバスも止まることになり、事務局としてはいろいろと対応に奔走することになりましたが、さすがわんぱく探検隊!
大雪の中でも元気いっぱい活動をして、無事終了することができました。
  
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第8回わんぱく探検隊「ホースライディングキャンプ」 2015/12/27(日)〜28(月)
第8回目の活動では、乗馬に挑戦してきました。
まずは、馬のお世話。
きゅう舎の清掃やえさやりなど、お世話する作業を通じて、生きものを飼う大変さを感じることができました。
  

  

  

また、乗馬体験では、常足から速歩、そして駈足にも挑戦しました。
駈足では、馬の動きについて行けずに、おしりを痛くしてしまった子どもたちもいました。
  

1泊2日の乗馬クラブでの体験プログラムを行うことで、乗馬の楽しみや大変さまで、いろいろと学ぶことができたと思います。
ぜひ、また機会を作って挑戦してみて下さい!
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第7回わんぱく探検隊「二丈岳ピークチャレンジ!」 2015/11/14(土)〜15(日)
第7回目の活動では、標高711.4mの二丈岳に登ってきました。
予定では、1日目に二丈岳に登る予定でしたが、初日はあいにくの天気。
大入駅から宿泊場所となる二丈岳の中腹にある宿泊場所まで登りました。

2日目いよいよ二丈岳に登りました。
天気は何とか雨は上がりましたが、曇り空。
その中、雨具の準備をして出発しました。


中腹からの登山だったので、頂上までの時間は1時間程度!
みんな「もう着いたの!?」とびっくりしていました。
  

残念ながら頂上からのながめは、雲がかかっていてよくありませんでしたが、2日間の登山を通して、挑戦する勇気や、お友だち同士の励まし、思いやりの気持ちを持つことを感じてもらえたらと思っています。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第6回わんぱく探検隊「わんぱく・リヤカー隊」 2015/10/10 (土)〜12(月・祝)
第6回目わんぱく探検隊の活動では、篠栗町のふくおか森の家を出発して津屋崎海岸まで約40kmの道のりを、リヤカーを引いて3日間の旅をしました。
リヤカーに生活道具を積み込み歩いた3日間。
  

地図を確認する人、リヤカーを押す人、リヤカーを引く人、安全確認をする人。
それぞれの役割を担当しながら、ゴールを目指した3日間でした。
  

班員みんなの力を出し合った3日間となりました。
それぞれの良い所、足りない所を補いあいながらの旅で、班の結束が一層強まりました。


次回は登山プログラム。
さらに班員の協力が必要になってきます。
この調子で頑張っていきましょう。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第5回わんぱく探検隊「わんぱく隊・ヨットに挑戦!」 2015/9/26(土)〜27(日)
第5回の活動では、佐賀県のヨットハーバーでヨットに挑戦してきました。

プログラム当日は、微風ながらもはじめてヨットを体験する人たちにとっては、ヨットを操作しにくい風とのことでしたが、子どもたちはやる気満々!
施設の皆さんも、子どもたちの気迫に負けたのか、風の中でのヨット教室を実施してくれました。

初日は、ヨットに慣れることを目的に、ディンギーヨットを使ってスタッフの方から、実際に海に出ながらヨットの基本を学びました。
  

  
参加した子どもたちは、ヨットの魅力に魅せられたようで、夜のミーティングでは充実した感想をあげていました。

2日目は、12名乗りの大型ヨットを使ってのショートレース。
湾の中では波も気になりませんでしたが、湾を出たら波が高く、ヨットも大きく揺れました。
中には、船酔いをしてしまった子どももいましたが、何とかその様な中でレースに挑戦。
レースを終了して桟橋にあがった子どもたちの顔色は、真っ青!
2日間通して、ヨットの楽しさと厳しさを体験することができました。
  

  
今回の活動をとおして、いろいろなことに挑戦することによって感じられる達成感や満足感を学んでもらえればと思います。
活動も中盤に差し掛かりました。まだまだ班の協力体制は十分ではありませんが、今後の活動を通して、より一層、班の仲間との関わりについて意識できるよう力を注いで行きたいと思っております。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第4回わんぱく探検隊「海あそびキャンプ(チャレンジ隊合同)」2015/8/26(水)〜28(金)
8月に行ったチャレンジ隊との合同プログラム「海あそびキャンプ」では、2泊3日のキャンプ生活を過ごしてきました。


前日の台風の影響があり心配ではありましたが、プログラムを変更することなく、子どもたちにとって夏休み最後の思い出づくりとして最高のプログラムになったのではないでしょうか。

2日目に行った「手作りいかだレース」では、チャレンジ隊に負けたものの、今までない子どもたちの団結心を感じることができました。
  

  

  

そしてその日の夜に行った「夕食コンテスト」では、チャレンジ隊をおさえての1位になることもでき、わんぱく探検隊の子どもたちも大きな自信になったのではないかと思います。
  

これまでは、仲間との連帯感という点に関しては、特に目立った成果が感じられませんでしたが、今回のいかだレースでは、全員が協力をして取り組む姿が見られ、今後の活動が楽しみに思いました。

ぜひ、今回の活動での協力体制を生かして、今後も頑張ってほしいと思っています。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第3回わんぱく探検隊「わんぱく探検・野宿隊!」 2015/7/19(日)〜20(月・祝)
第3回の活動「わんぱく探検・野宿隊!」では、じゃがいも村のフィールドを会場に、自分たちで計画した1泊2日のキャンプ生活を行いました。

テントやブルーシートなどを使って、自分たちの生活するベースを作りました。
竹や立木などを利用して、いろいろと工夫をしたオリジナルの生活空間を作って過ごしました。
  

プログラムでは、班の中でいろいろと意見を交換しながら作業を進めていく姿が見られ、少しずつではありますが、班の中でのコミュニケーションができあがってきていることを感じました。


今後、さらに活動を経験することにより、さらなる班の仲間との協力体制が深まることを期待しております。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第2回わんぱく探検隊「How To キャンプ術」 2015/6/27(土)〜28(日)
第2回わんぱく探検隊では、「How To キャンプ術」をテーマに活動しました。

テント設営、火おこし、ロープワーク、ザックのパッキング方法など、今後の活動に最低限必要なキャンプ技術について学び、子どもたちはどのプログラムも熱心に取り組んでくれました。
  

  

しかし、班の仲間との連携がまだとれないところがあり、特に、夕食づくりでは、予定時間を大幅に過ぎてしまい予定通りのプログラムを実施できない場面もありました。

しかし、子どもたちは自分たちに足らないところを見つけ出し、プログラムを進めていきました。
班の仲間と協力し、助け合うことの必要性を一人一人感じたのではないかと思います。
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |
 第1回わんぱく探検隊「チームビルディング」 2015/5/16(土)〜17(日)
わんぱく探検隊・第1回目の活動が無事終了致しました。
はじめての活動ではありましたが、子どもたちは元気いっぱい、いろいろな活動に積極的に取り組んでいました。
  
 
班の仲間と協力をしないと解決できない課題。
仲間と話し合いながら、試行錯誤しながら課題に挑戦している姿は真剣そのものでした。


また、約15mの高さに設置された課題に挑戦するさいも、仲間を励まし合いながら、サポートする姿を見ることができました。
  

  

今回のプログラムを通して、困難な状況でも、試行錯誤しながら、あきらめずに挑戦する気持ちが大切だということを一人一人感じたのではないかと思います。
  
 
| [2015年度活動報告]わんぱく探検隊(小3以上・宿泊型) | TOP↑ |