ネイチャーキッズスクール

New
 第1回子ども教室「秋の海づり教室」2015/9/13(土)
今回参加するお友だちは全て男の子、ということで、移動するワゴン車の中では、早速盛り上がっていました。
今回の活動の舞台となる「福岡市海づり公園」へ到着。
まずは、何匹ぐらい釣るかひとりひとり目標を話し合いました。
「5匹くらいかな〜」という控えめなお友だちもいれば、中には「30匹!」という高い目標を掲げるお友だちも…!

しかし、なかなか当たりがありません。
エサを何度もつけては海の中に。
まわりの釣り客の釣果が気になったのでのぞいてみましたが、ほとんど釣れていない状態。
係の人に聞いてみたら、「今日は釣れていない!昨日までは釣れていたのですが!」と、ちょっと寂しいお話しでした。

午前中はたいした当たりもなく、時間が過ぎていきましたが、子どもたちはそこそこ集中して釣りに取り組んでいて、感心させられました。
みんなで決めたお弁当タイムになったので、休憩所でお弁当を食べることに。
わずか5分くらいでお弁当を済ませ、午後の釣りに出かけるお友だちもいました。

さて、午後は釣れますように〜と祈りながら、釣りを再開!
一般の釣り客が、小アジを釣り上げているのを見て、子どもたちはその場所近くに移動して、自分の釣り糸を垂らしました。
すると、ようやく潮目がめぐってきたのか、数匹ずつ釣れるようになってきました。
その場所にいたお友だちは、めでたく数匹の魚を釣り上げることができました。
  
海づり公園を出発する時間になりましたが、ようやく釣れてきて、子どもたちの気持ちも盛り上がってきたところだったので、急遽、時間を延長して釣りを続けることに…!
中には、集中力が途切れてしまったお友だちもいて、残念ながら、魚の引きを感じることができませんでしたが、今回であきらめることなく、次のチャンスにもぜひ挑戦してほしいと思います。

釣りは待つことが大事。
釣れない日もあることを感じた1日となりましたが、これも自然の中での魚と駆け引きの結果です。
ぜひ次回の大漁を期待したいと思います。
| [2015年度活動報告]オプショナルプログラム&シーズンプロジェクト | TOP↑ |