ネイチャーキッズスクール

New
 第10回ジュニアコース「ジュニア隊・最後の挑戦!」2017/3/12(日)

いよいよ「ジュニアコース」も、最後の活動となりました。

最後の活動は、テーマを「ジュニア隊・最後の挑戦!」と題して、標高681mの若杉山に登りました。

若杉山の山頂には、篠栗四国八十八ヶ所の霊場がある歴史深い山です。

また遍路道もあり、山麓から参拝に登られる方も少なくありません。

  

 

今回は班ごとでのグループ登山を行いますので、班の仲間の協力、そして一人一人の頑張りがなければ頂上には到達できません。

常に班の仲間のことを考えながら、元気に頂上を目指しました。
  

 

班のみんなで力を合わせての最後の活動。

ジュニアコースに入って良かった!と子どもたちに思ってもらえるような1日になっていればと思います。

 

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第9回ジュニアコース「ゴールの見えない旅!」2017/1/21(土)〜22(日)

第9回の活動では、「ゴールの見えない旅!」をテーマに、電車やバスを使った旅に行ってきました。

 

プログラムでは、「写真」や「キーワード」を手がかりに、指令書に書かれた場所に移動しながら目的地を探す活動を行いました。

時刻表や路線を調べ、地図を見ながら目的地を探すのに苦労する姿が見られましたが、個人で判断するのではなく班の仲間と協力した成果もあり、最終ポイントに到着することができました。

  

 

普段見過ごすこともある場所ですが、視点を変えて見ると発見できることもありました。

残念ながら時間内にゴール出来なかった班もありましたが、全力で戻って来た姿を見ると、真剣に取り組んでいる姿勢が見られました。

班の「チームワーク」が重要でしたが、子どもたちの真剣な姿を見ると一致団結していたと心から感じました。

 

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第8回ジュニアコース「竹でクッキングに挑戦!」2016/12/18(日)

第8回のプログラムでは、「竹でクッキングに挑戦!」をテーマに、竹を使った野外炊事に挑戦しました。

 

竹の中にお米を入れてご飯を炊き、竹の中に具材を入れてみそ汁を作り、おかずには鶏肉のホイル焼きを作りました。

どこの班も、予想していたより竹の加工に時間がかかり大変でしたが、さすがジュニアコース、何とか時間内に食事を作ることができました。

中には、水の量を間違えて、ちょっと芯の残るご飯を炊いた班もありましたが、みそ汁はバッチリ、全ての班おいしいみそ汁を作りました。

  

 

全てにおいてパーフェクトではありませんでしたが、自分たちで役割分担を決めて、それぞれが自分のやるべき仕事をしながら、班のみんなの力を合わせての食事づくり。

  

 

今回は、竹を使った食事づくりで、ちょっと戸惑ったところもありましたが、食事をしている姿を見ていると、やり遂げたと言う自信があらわれた顔をしている子どもたちがいました。

あと残すところ、2回の活動。

最後まで、やればできるんだという気持ちをもって、取り組んでほしいと表います。
  

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第7回ジュニアコース「海づりチャレンジ!」2016/11/23(水・祝)

第7回プログラムでは、西区にあります「福岡市海づり公園」で、海づりに挑戦してきました。

 

当日は、朝からどんよりした天気でどうなるのかと心配していましたが、やはり昼頃には風雨が強くなってきました。

しかし、さすがジュニアコース。

他のお客さんが早々に帰っていくのに、子どもたちはそんな中でも竿をたらしていました。

  

 

釣果ですが、今年はまだ水温が高いと言うことで、アジが大漁に釣れました。

サビキの仕掛けに、一度に5匹のアジが釣れびっくりしている子どもや、魚は釣れたものの、魚をさわることが嫌で、延々と魚と格闘している子どもなど、いろいろな子どもたちの姿がありました。

しかし、魚が釣れたことはやはり嬉しいようで、みんなそれぞれ楽しんでいたようです。
  

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第6回ジュニアコース「ひみつ基地キャンプ!」2016/10/15(土)〜16(日)

第6回の活動は、新宮町にある「里の家かりん」の周辺で、「ひみつ基地キャンプ」をテーマに、1泊2日の宿泊プログラムを行いました。


プログラムでは、草地に各班でテントを張りました。

はじめてテントを張る子どもたちもいましたが、経験者がサポートしながら、何とか全班無事にテントを張る事ができました。

  

 

生活時間は、子どもたちが話し合いをして決めました。

夕食を作る時間、食べる時間、寝る時間、起きる時間。それ以外の時間の過ごし方。

何をしたいのか、子どもたちが1泊2日の過ごし方を計画しました。

 

のんびり、テント周辺でお湯を沸かして、お茶タイムをしている班もあり、自然の中での生活を楽しんでいたようです。

  

 

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第5回ジュニアコース「イルカトレーニングからひみつを探れ!」 2016/9/22(木・祝)
ジュニアコース第5回プログラムでは、福岡市東区にある「マリンワールド海の中道」を会場に、イルカのひみつを探るプログラムを行いました。
プログラムでは、スタッフの方からイルカのトレーニングについて実践を通して学びました。
イルカのトレーニングは、イルカの特徴や性格を考えながら、その能力を伸ばすことでできる動作について、段階を追いながら学ばせていくと言うことを学びました。
それを学んでからのイルカショーの見学。
子どもたちは、単にショーを見るのではなく、トレーナーの動きを観察しながら、イルカがどう動くのかということについて興味を持って見ていました。
  
水族館の役割について、改めて学んだ1日でした。
| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第4回ジュニアコース「サイコロすごろく」2016/8/28(日)

第4回プログラムは、みんなの楽しみにしていた海あそびが、大雨のため中止となり、急遽テーマを「サイコロすごろく」に変更して実施しました。
 

 

プログラムでは、地下鉄の駅をコマとして、サイコロの出た目だけ駅を進みました。

ところどころの駅では、課題や指令などがあり、班のみんなと力を合わせて挑戦していました。

 

 

なかなか、期待している数字が出ないため、同じ駅を行ったり来たりする班や、課題ポイントのスタッフが見つからず、同じ場所を20分以上もさがしている班など、班のみんなと話し合いながらプログラムを進めていました。

中でも、全ての班が仲間とよく話し合い、作戦を立てて取り組んでいたところが、班の仲間意識が高まってきたなと感じさせられました。

 

これからの活動に、今回の取り組みを思い出し、みんなの力を合わせれば、どんなことにでも挑戦していけるんだと言うことを、感じてもらえればと思います。

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第3回ジュニアコース「有明海でどろんこ体験!」2016/87/23(土)〜24(日)

7月に行った「有明海でどろんこ体験!」では、佐賀県鹿島市にある「道の駅かしま」を会場に、ミニガタリンピックに挑戦してきました。

 

6月に行われる国際ガタリンピックのミニ版「ミニガタリンピック」。

潟スキーレースや綱引き、潟フライ競争など、全身泥だらけになりながら、班のみんなで協力して競技に参加する姿がみられ、班の仲間意識が芽生えてきたと感じた活動でした。
 

 

特に個人種目であった、潟フライ競争では、オリジナルの金メダルをもらえると言うことで、他の種目以上に盛り上がっていました。

班の仲間と1泊2日を過ごす、はじめての宿泊プログラム。

子どもたち同士の仲間意識が深まったプログラムでした。
 

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第2回ジュニアコース「火おこし名人!」2016/6/12(日)

第2回目の活動は、「火おこし名人!」と言うテーマで、「ファイアースチール」と言われる、サバイバルマッチを使っての火おこしに挑戦しました。

 

ファイアースチールを使っての火おこし。

最初なかなか火をおこせなく苦戦をしていましたが、慣れてきたのかなんかと全班火をおこすことができました。

 

そして、その火を使っての昼食作り。

火おこしに時間を要したため、食事作りは大変。

 

時間通りにはできなく、おいしい昼食も短時間で食べなければ行けないことに。

しかし、子どもたちは役割分担を行い、時間は大変でしたが、おいしい昼食を作ることができました。

子どもたちは、今回のプログラムを通して、「やればできるんだ!」と言う、あきらめないスタンスを学んだのではないかと思います。

| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第1回ジュニアコース「アドベンチャーハイキング」2016/5/8(日)
ジュニアコース第1回目の活動が無事終了しました。
「海の中道海浜公園」を会場として「アドベンチャーハイキング」をテーマに活動してきました。
    

班の仲間を意識し、協力、挑戦、我慢の3つの約束を考え、これからの1年間の活動に向けた下地作りを行いました。
緊張した様子の子どもたちもいましたが、活動の中で、それぞれが自分の得意なことやリーダーシップを発揮することもできたようで、最後のふりかえりでは、みんなから素敵な笑顔を見ることができました。
  

これからの活動に向けて、大きな弾みになったと思います。
 
| [2016年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |