ネイチャーキッズスクール

New
 第10回「干がたであそぼう」 3月7日(日)

今回は「干がたであそぼう」の活動で、JRと西鉄電車に乗って東区の和白干潟に行きました。


和白干潟は東区にあり、開発が進む人工島も見ることが出来る都心から近い所です。

 


今回はゲストティチャーとして「和白干潟を守る会」の方に講師に来て頂きました。


22
年も前から、野鳥観察・干潟の観察・クリーン活動をされています。

 


到着するなりはやくも数名キッズたちは干潟の中へ・・・


午前中は「守る会」の方の案内で野鳥の観察・貝の浄化の実験・あしはら探検とたっぷりの活動です。

  


2
枚貝(あさり・海のしじみ)蟹類/コメツキガニ・マメコブシガニ
鳥類/ダイシャクシギ・ミサゴ・マガモ・コガモ・オナガガモ等 
沢山生き物を観察することが出来ました。


貝の浄化実験ではにごった海の水がきれいに・・・!
子ども達はびっくり・感動していました。


 
実際に海の生き物が活動していることを、実際に見れたことはいい体験になったと思います。

 


午後からは、「砂絵」で干潟で観察した生き物を書きました。


すごい作品が出来上がっていましたよ〜


又あそび足りないキッズたちは干潟へ。満ちてくる潮に負けすに楽しんでいました。 



 

次回は最後の活動になります。


みんなの笑顔が楽しみです。

 


報告;佐伯 謙一(さえけん)

| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第9回「アウトドアクッキング」 2月13日(土)〜14日(日)

今回は「アウトドアークッキング」がテーマで、1泊2日で粕屋郡篠栗町にあります福岡県社会教育センターに行きました。

 

朝子ども達はワクワクした顔・ちょっと不安な顔・いつもとかわらないよ〜などなど子ども達の色々な姿が見れました。

 

早速、「食材ゲットハイキング」に出発です。


篠栗町にはお遍路の道があり、各札所を回りながら、翌日のお昼の材料を獲得していきます。




最後は「さえけん」のいるポイントまで行き決め手となる「味」のある場所の指示書をもらいゲットします。

 

各班迷いながらも、各札所をクリアーしてましたが、山間部の天候は変わりやすく突然の大雨、天候も回復せず子ども達の安全も考え中止しました。


1
班だけが食材すべてをゲットしていましたが、他の班はありません。


さえけんとカウンセラー・各班のみんなの話し合いで全員すべて獲得することが出来ました。

 


翌朝は朝食作りからスタートですがかなり寒い〜朝で、はく息が真っ白でした


ホットドック用のパンにソーセージを挟み、アルミホイールで包み最後は空の牛乳パックに入れたら準備OKです。


マッチで牛乳パックに点火、燃え尽きたら、仕上げにきゅうりとケチャップで完成。

ほっかほっかのホットドックをほおばり、体も暖まり寒さも吹き飛びました。

 


お昼はいよいよゲットした食材で「アウトドアクッキング」です。

ひみつの「味」はというと、色々な種類のカレールーでした。


短時間で美味しいカレーを作るため各班役割分担を決めてスタート。

  
なんと各班3時間以内で出来上がりました。


さえけんも試食で頂きましたが、どの班もおいしいかったです。  

 
 


今回の活動では以前の「焚き火の達人」の活動も活かされ、班の中のつながりも強くなり

又班をこえた協力も見えた活動になったと思います。

報告;佐伯 謙一(さえけん)

 

 

| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第8回「木のぼりの達人になろう!」 1月17日(日)

今回の活動は「きのぼりの達人になろう!」です。


博多駅から電車とバスを乗り継いで新宮町にある

「じゃがいも村」に到着です。


ここは地域の方が山林や施設を改修され、森の中のウッドデッキ・

貸し農園・イノシシ・ヤギ・にわとり・ポニーなどの動物もいる里山です。


 

さっそく森の中での活動です。


事前に駅で時間がありましたので、作戦会議をしていました。


木のぼりだけにこだわらす「隠れが作り」にもトライしました。


木のぼりは各班での作戦会議で班全員が登れる木をさがして
登ります。

 


トライしている班もありましたが、隠れ家作りのほうがワクワクしたみたいで


さっそく場所を探しに。

材料は森の中にあるもので作ります。


紐とカッターだけ用意しました。 




各班個性的な秘密の隠れ家ができました。


どんな隠れ家かを紹介すると…

   ◎ウッドデッキの下で仕掛けのある隠れ家

 デイバック掛けがある隠れ家


◎木の棒で覆われた隠れ家


 
◎ブランコがある隠れ家


◎木の実が壁の隠れ家


 

ある隠れ家で、「ほら上をみて あれが屋根だよ」といわれたのは


高い所にある互いの木からのびている枝でした。


子ども達の感性のすごさに感動しました。

 

お弁当は隠れ家の中で。


互いの隠れ家を訪れ、自慢や仕掛けを体験していました。


活動の最後は、動物とふれあったり、「大地にジャンプ!」

ふかふか
の土の上にジャンプ、飛んだことなかった子もとべて、

チャレンジする勇気、
出来たことの喜びを感じていました。

 



今回は森の中での活動をまんきつした一日でした。


子ども達のにぎやかな声がこだまする森、

そんな
森からの力をたくさんもらった活動でした。



報告:佐伯謙一(さえけん)

| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第7回「たき火の達人になろう!」 12月13日


12月のキッズコースのテーマは「たき火の達人になろう」。


さっそく、博多駅から電車で篠栗町へ。


会場となる社会教育センターへの道のりは、田んぼや土手な

どがあって楽しかったです。




到着後、「たき火の達人」を目指すため、たき火の達人(さえけん)より、

火のつけ方を伝授してもらいました


どのような材料を集めてくると火がつきやすいのか、どういう形で火をつけたらいいか

などを伝授してもらいました



今回はなんと!「たき火の達人」審査もしました。

審査内容は、
,燭火の美しさ

▲泪奪舛了藩冕椰瑤錬桔椶泙

終了時間に、きちんと火が消えているか

い燭火について、班で協力しあったことや感想などをみんなにアピール


審査員は、本部スタッフのどんたく、さえけん、もーりーです。

作戦会議後、それぞれ火つけに挑戦。すぐついた班、苦戦した班それぞれでした。


  


火をつけることができたら、次はバームクーヘン作りです。


竹に、ホットケーキミックスを少しずつたらしていき、くるくる回して作ります。


一人でできる作業ではないのでみんなの協力が必要です。


火が消えないように守る人、バームクーヘンを作る人、木を集めてくる人など、

いろんな分担をして協力して頑張りました。

それから、焼き芋をつくるために、イモをぬれた新聞紙で包み、ホイルで巻いて、

火に入れて待ちます。

バームクーヘンもおいしかったですね



どときどき、雨が降って寒かったりしましたが、火にあたりながら、元気に活動できました。


焼き芋は、ほこほこにうまくできた班と、ちょっと芯が残っていた班がありましたが、

おいしかったですね!


さて、次はお待ちかね、「たき火の達人」の審査です。

最後にみんなの前で班ごとに、今日の協力しあったことや、大変だったことを

発表してもらいました。 



どの班も協力して、一生懸命頑張ったことがよくわかりましたよ。

 

片付けをして、今日の振り返りを各班でしたあと、「たき火の達人」の発表。


今日は2班が達人に決まりました。おめでとう!!


またいろんな達人を目指して頑張りましょう!

 
報告:河野 綾子(どんたく)

 

 

 

| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第6回「油山ハイキング」
ネイチャーキッズスクール

11月のキッズ達は、元気に油山ハイキングにチャレンジしました。

まずは、出発前に作戦会議。
★班で行動しよう
★仲間のことを考えよう
という2つの約束をはたすため、班で作戦会議です。
一人だけ、先に歩いたりなどするとどうなってしまうかや、
自分がつかれてしまった時仲間にどんなことをしてもらったらうれしいか、
などを班で話し合って出発しました。
 
今日のコース
油山管理事務所→中央展望台→国見岩→油山山頂→モミジ谷→つり橋→管理事務所

管理事務所からいきなり何段もある階段ですが、みんなへっちゃらです。
15分も歩くと中央展望台へ到着!
ここは眺めがよく、福岡市を一望できました。自分のおうちはみつかったかな?

さて、ここからが頑張りどころですが、さすがこれまでの活動の経験もあり、
みんな助け合って頑張りました。
途中、大きな葉っぱをみつけたり、どんぐり、動物のうんち、いのししの掘り跡なんかも
いろいろ発見しながら歩きました。
みんなでがんばって、最後の登りを過ぎると油山山頂に到着!!
いい景色を眺めて、さっそくお昼ごはんです。
でも、この日は動かずじっとしていると、思っていた以上に寒くて、
お昼ごはんを食べるとすぐ下山開始しました。

行きとは違うコースで、最後はつり橋めがけてがんばりました。
下に半分ほど下ると、暖かくなって、元気もでましたね(^O^)/
最後のお楽しみ、つり橋ではみんなではねてみたりしました。
ゆっさゆっさと揺れました〜!
ちょっと寒かったけど、紅葉したモミジや木の実を見つけたり、
坂が急な所は木の棒を拾って杖にしたりと、みんなで協力できたハイキングでした。

報告:河野 綾子(どんたく)



| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第2回「浜辺の宝物さがし」
ネイチャーキッズスクール

今回は、能古島で活動を行いました。
前回から楽しみにしていた、船に乗って海に行く活動です。
船に乗るのは約10分足らずなのですが、気持ちの良い潮風を浴びながら、楽しい時間を過ごしていました。
能古島に到着し、宝物さがしの浜辺へと移動しました。
浜辺で漂着物を探す活動のことを「ビーチコーミング」といいます。
どんな漂着物が見つかり、宝物とすることが出来るのでしょうか・・・。

事前のオリエンテーションでは、ぐらがビーチコーミングを行ってきたなかでの、一番の宝物を見せるねという約束を、前回の活動時にしていました。
忘れているかな・・?と思っていましたが、「ぐら、早く見せて!」という大コールがわき起こりました。
その宝物は何かというと・・イルカの背骨の一部分。
それを見て、自分は、クジラの骨を見つけるとー! と張り切る男の子もいました。
海岸で一番多く見つけることが出来たのは、アサリや他の貝殻でした。
一口にアサリと言っても、大きさや色かたち、バリエーションにとんでいました。
午後からは、その集めたものを利用して、アクセサリー作りを行いました。
貝殻には、何故か、穴が空いています。
その理由は何故なのか?
答えを知ると、子ども達は驚きますが、アクセサリー作りをするこちらとしては好都合。
「うまくできてるねー」なんて呟いていた子どもの声には、思わず笑ってもしまいました。

持ちきれないぐらいに、宝物を持ち帰った子ども達ですが、
それを探す合間にも、海岸に打ちつけられているゴミ拾いにも精を出してくれていました。

| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |
 第1回「ともだちづくり」



 いよいよ第3期NKSがスタート! キッズコースには、38名の子ども達が集まってくれました。

 会場の西公園に到着後、まずは全体でのオリエンテーション。
スタッフの自己紹介や、キッズコースの活動を通してみんなに約束して欲しいことを話しました。
話の後には、ちょっと緊張している気持ちを解きほぐすためのゲームを行いました。
“じゃんけん列車”に“だるまさん”。あっという間に子ども達の賑やかな歓声が公園内に響き渡ります。

 緊張も解きほぐれた頃、班ごとに集まり作戦会議開始です。
まずは“ネームトス”というゲームを通してお互いの名前を覚えたあと、キッズコースでどんなことを頑張りたいか、自分たちの班をどんな班にしていきたいかという目標決めを行いました。
「ケンカをしない班」、「いつも元気な班」などなど。1年後に彼らが活動を振り返ったとき、目標を達成出来たかどうかは後のお楽しみです。

 作戦会議も終わった後は、西公園内を散策しに出発です。
散策時に、ぐらからひとつの指令を出されました。
それは、色々な形や色の葉っぱや花びら、小枝などをみんなで協力して、拾い集めてくること!
途中、緑の木々の木漏れ日の中でお弁当もいただきつつ、午後の集合時間には、どの班もたくさんの収穫を得て戻ってきました。

 その収穫物を使って何をするのかと言うと・・NKSのシンボルキャラクター“ネイビットくん”の特大塗り絵を、みんなが集めてきたものを使ってカラフルに色づけです♪
初回の活動にも関わらず、各班の個性が如実に表れていた作品たち。
あとで塗り絵の完成発表会を行ったのですが、終始笑いの絶えない発表会となりました。

 これからの活動のなかで、“我慢・協力・挑戦”を合い言葉に、子ども達にはたくさんの“発見”を得て欲しいと願っています。

 1年間、どうぞよろしくお願いします。




| [2009年度活動報告]キッズコース(小2〜3) | TOP↑ |