ネイチャーキッズスクール

New
 第10回ジュニアコース「ジュニア隊・最後の挑戦!」 2019/3/21(木・祝)

2018年度ジュニアコースの最後の活動は「ジュニア隊・最後の挑戦!」ということで、篠栗町にある若杉山(681m)に挑戦しました!

 

天候が心配されましたが、何とか雨も持ちこたえ、昼食を食べる頃には、眼下の街並みをはっきりと見ることができました。

 

ジュニアコースらしく、昼食はキャンプストーブでお湯を沸かして、暖かい汁ものと飲み物付きのおいしいご飯を食べました。

普段は口にすることのないメニューに、子どもたちからは「おいしい!」と大好評でした。

 

色々なことに挑戦したジュニアコースの1年間!

班の仲間と一緒に1年間の活動を積み重ねたことで、協力をしたり、挑戦をしたり、大きな成長が見られたジュニアコースの子どもたちでした!

 

一年間お疲れさま!そしてありがとうございました。

 

また一緒にキャンプができることを楽しみにしています!

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第9回ジュニアコース「ミステリーウォッチング」 2019/2/17(日)
第9回の活動では、「ミステリーウォッチング」をテーマに、佐賀市内で恵比須さん探しの活動をしました。
恵比須さんの顔は、どこの恵比須さんも似ているので、本部が指定した恵比須さんかどうか、じっくり確認。
子どもたちは、班の仲間と話し合いながら、佐賀市内を歩きまわりました。
最終目的地に到着する時間が決まっていましたが、どこの班も余裕を持ってのゴール!
ゴールでは、佐賀名物の蒸し饅頭でお祝い。
最終目的地に全力で戻って来た姿を見ると、真剣に取り組んでいる姿勢が見られました。
班の「チームワーク」が重要でしたが、子どもたちの真剣な姿を見ると一致団結していたと心から感じました。
| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第8回ジュニアコース「空き缶でご飯炊き!」 2019/1/20(日)

第8回の活動では、「空き缶でごはん炊き!」をテーマに活動しました。

 

まずは、「缶切り」を使って持参した空き缶の加工からスタート。

普段使わない「缶切り」の使い方に苦戦しながらも、何とか完成させることができました。

そして薪作り。

 

全ての準備が整って、いよいよかまどに火をつけました。

今回は明け方まで雨が降っていたので、かりんにある薪を割って炊飯をしましたが、火がついたと思って安心しているといつの間にか消えてしまいます。

 

火を持続させるように燃える物を入れるタイミング、そして持続させる集中力が重要でした。

途中で火を消してしまい、何度も火をつけ直している子どもたちもいましたが、なんとか全員ごはんを炊きあげる事が出来ました。

 

最後まで投げ出すことなく、諦めることなく挑戦出来たことは、あと2回の活動で活かしていけることと思いました。

最後まで諦めずに挑戦し続けましょう。

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第7回ジュニアコース「森のものづくり工房!」 2018/12/22(土)

第7回目の活動では、「森のものづくり工房」をテーマに、丸太の輪切りをみがいて黒板づくりに挑戦しました。

直径15cmくらいの輪切りを紙やすりで丁寧にみがくところから活動はスタートしました。

のこぎりで切った丸太の輪切りは表面はでこぼこが多く、みがくのに大きな力を必要としましたが、みんな一生懸命取り組んでいました。

みんながみがいた輪切りに特別なペイントを塗って黒板に!

そのあとは、さまざまな自然素材を使ってデコレーション。

ワンポイントで飾りを付けた子どももいれば、輪切りのまわり一面に飾り付けをする子どももいました。

本来の目的である黒板のスペースをほとんど飾り付けで埋めてしまった子どもなど、個性溢れるオリジナル黒板が完成しました。

 

 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第5回ジュニアコース「トワイライトハイクに挑戦!」 2018/10/20(土)〜21(日)

第5回の活動「トワイライトハイクに挑戦!」では、新宮町「里の家かりん」を出発して、立花山〜三日月山とふたつのやまなみを、ヘッドランプをつけてのぼりました。


1日目は夕食を早めにとり、20時前には就寝!夜中の2時に起床。

軽食を食べた後、3時、ヘッドランプをつけて、かりんを出発。

最初の休憩ポイントでは、空に広がる輝く星空を眺めました。

 

4時、立花山登山口からいよいよ登り始めました。

登りはじめは、すべての班が順調に登っていましたが、徐々に差がつき始めました。

そんな中、仲間同士で声を掛け合いながら、立花山を目指しました。

5時前、なんとか全班立花山の山頂に着きました。

山頂からは、福岡市内の夜景をきれいに見ることができました。

 

つぎは、日の出を見るために、もうひとつの山、三日月山までの縦走です。

日の出は、6時28分!みんなで日の出を見ることを、ひとつの目標に歩きました。

中には時間に遅れそうな班もありましたが、最後は全ての班が最後の力を出したのでしょうか、何とか全員、日の出前には「三日月山山頂」にゴール!

子どもたちの頑張りに感心させられました。

徐々に明るくなってくる空を見ながら、今か今かと日の出を待ちました。

6時30分過ぎ、山と山の間から太陽が現れました。

 

 

この瞬間を見るために登ってきた子どもたちの顔は自信で満ちあふれていました。

「あきらめずに挑戦すれば、やり遂げることができる!」と言うことを、この活動を通して感じてもらえればと思っています。

 

 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第6回ジュニアコース「挑戦!離島で海釣り!」 2018/11/11(日)


第6回の活動では、渡船で新宮町相島に渡り、海釣りに挑戦してきました。

天気は秋晴れ。子どもたちは、わくわくした気持ちで相島へと渡りました。

 

竿の使い方、仕掛けの付け方などのレクチャーをうけたあと、ひとりひとり釣り竿をたらしました。

しかし、いっこうに当たりがありません。

近くで釣りをしている人に、釣果を聞いてみると、全然釣れていないようでした。

それでも、諦めずに渡船の時間まで釣り竿をたらしました。

 

結果は全然でしたが、子どもたちは思い思いに海釣りの難しさを感じながら、楽しんでいました。

潮の関係で釣果がなかったのですが、釣りの楽しさは学んだようでした。

また、機会を見つけて再チャレンジしてみたいと思っています。

 

 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第4回ジュニアコース「街の化石探しキャンプ」 2018/9/8(土)〜9(日)

第4回目の活動では、「街の化石探しキャンプ」では、福岡市内のビルにある化石探しの旅に出かけました。
普段何気なく見かけているビルの壁や床には、あっと驚く化石が隠れています。

特に、天神駅の構内では、数多くの化石を目にすることができます。

そんな化石を、班ごとに探し出し、観察しました。

 

 

初めはあまり興味のなかった子どもたちでしたが、旅から戻ってきた子どもたちは、こんな化石も発見したと、いろいろと報告をしていました。

本当に身近なところに化石があることを、キャンプを通じて学んだようです。

これからも、化石にこだわらず、いろいろな身近なものを発見してほしいと思います。

 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第3回ジュニアコース「有明海でガタリンピックに挑戦!」 2018/7/21(土)

7月に行った「有明海でガタリンピックに挑戦!」では、佐賀県に出かけ、干潟でのミニガタリンピックに挑戦してきました。
毎年、6月に行われる国際ガタリンピックのミニ版「ミニガタリンピック」。

潟スキーレースや潟上押し相撲大会、潟フライ競争など、全身泥だらけになりながら、班のみんなで協力して競技に参加する姿がみられ、班の仲間意識が芽生えてきたと感じた活動でした。

 

 

班の仲間と力をだしあって挑戦した、今回のプログラム!

子どもたち同士の仲間意識が深まったプログラムでした。
 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第2回ジュニアコース「ジュニア流!里山キャンプ!」 2018/6/16(土)〜17(日)

第2回の活動は、「ジュニア流!里山キャンプ!」と言うテーマで、今年のメンバーとしては、はじめての宿泊プログラムに挑戦しました。
最初のプログラムでは、宿泊に必要なテントを、班のみんなと協力して草地に張りました。

 

今回のプログラムでは、食に関して意識を高めてもらいたいと思い、明太子のやまやさんのご協力のもと、だしについて学びました。かつお節を削ってだしを取り、飯ごうでご飯を炊きました。

また、そのだしを使って味噌汁も作りました。

明太子をおかずに、シンプルな食事でしたが、子どもたちは、だしの意味や必要性について知識を得たように思います。

これからの食事づくり、美味しいものを作るという気持ちを持って、取り組んでもらいたいと思っています。

 

さらに、キャンプ中はテント張りがスムーズにいかなかったり、火おこしで苦労する姿も見られました。

しかし、それを乗り越えることを通して、この一年、成長する姿を見せてくれると思います。

ジュニアコースのみんなの活躍に期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |
 第1回ジュニアコース「たき火で究極の野外料理!」 2018/5/20(日)

ジュニアコース第1回目の活動が無事終了しました。

「たき火で究極の野外料理!」と言うテーマで、魔法の鍋「ダッチオーブン」を使った、昼食作りに挑戦しました。

薪を割っての火おこし体験。

最初なかなか火をおこせなく苦戦をしていましたが、コツをつかんだのか全班何とか火をおこすことができました。

そして、その火を使っての昼食作り。

初めての体験で火の加減を調整することが難しかったですが、何とか時間内に完成させることができました。

はじめての活動でしたが、子どもたちは役割分担を行い、時間は大変でしたが、おいしい昼食を作ることができました。

| [2018年度活動報告]ジュニアコース(小4〜小6) | TOP↑ |